「自然災害に関心の高い」都道府県ランキング2021、2位宮城、1位は?

「自然災害に関心の高い」都道府県ランキング2021、2位宮城、1位は?

「自然災害に関心の高い」都道府県ランキング2021、2位宮城、1位は?の画像

SDGs「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」は、2015年9月の国連サミットで採択された17の大きな目標と、それらを達成するための具体的な169のターゲットで構成されている。

 その目標の中でも、気候変動とその影響に対する取り組みに関心が高まっている。

 このランキングは、ブランド総合研究所が今年5月に行った『第3回地域版SDGs調査2021』によるもの。同調査ではSDGsで掲げる17の目標について、どれほど課題を感じているか、各都道府県の住民へのアンケートを行っている。その中から、SDGsの13番目の目標とされている「気候変動に具体的な対策を」の、とりわけ「自然災害(地震・津波・台風・竜巻等)」について、「不満や課題」を感じている人の割合を47都道府県別で高い順にランキング、「自然災害に関心の高い都道府県ランキング」として紹介する。

 今回の調査では、SDGs17目標に関して48項目にわたって尋ねた。全都道府県の合計では、48項目の中で課題と感じている人が最も多いのは「少子・高齢化」で30.4%、次に「人口減少・過疎化」で30.1%、続いて「感染症対策」(23.5%)、「商店街の疲弊・店舗の減少」(21.4%)で、今回紹介する「自然災害(地震・津波・台風・竜巻等)」に課題を感じている人の割合は、全体でも5番目に多い16.7%だった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)