【現役サラリーマンが株式投資で2億円】 目標資産額を決めて 「運用利回り」を逆算せよ

【現役サラリーマンが株式投資で2億円】 目標資産額を決めて 「運用利回り」を逆算せよ

Photo: Adobe Stock

定年まで働くなんて無理……ならば、生涯賃金2億円を株式投資で稼いでしまおう! そう決意した入社3年目、知識ゼロの状態から株式投資をスタートした『割安成長株で2億円 実践テクニック100』の著者・現役サラリーマン投資家の弐億貯男氏。年間平均利回り30%で資産を増やし、当初の計画を前倒しで2億円達成! 現在もどんどん資産を増やしている。忙しいサラリーマンでも真似できる「100の実践ノウハウ」を徹底伝授!

■大切なのは具体的な「目標額」を決めること

私は投資を始めてほぼ1年経った2003年8月頃から、株式投資の取引記録をつけ続けています。

そのとき「株式資産2億円を貯める」という目標を掲げ、達成時期2020年、運用利回り年率平均30%と設定しました。

なぜ2億円だったかというと、その頃の会社員の生涯年収が2億円だったから。

そのうち1億円で配当利回り4%の銘柄を保有すると、配当金(インカムゲイン)として会社員の平均年収に匹敵する税引き前400万円の不労所得を毎年得られます。

そうなれば早期リタイアも可能になります。

残り1億円のうち、半分の5000万円で値上がり益(キャピタルゲイン)狙いの株式投資を続け、もう半分の5000万円は預貯金で寝かせておく目算でした。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)