30代半ばからは「劣等感」を成長のエネルギーにしてはいけない理由

30代半ばからは「劣等感」を成長のエネルギーにしてはいけない理由

Photo: Adobe Stock

韓国で120万部のミリオンセラーとなった話題書がある。『どうかご自愛ください 〜精神科医が教える「自尊感情」回復レッスン』だ。精神科医である著者が「自尊感情(≒自己肯定感)」の回復法を指南した一冊である。「些細な事を気にしすぎる」「パートナーとの喧嘩が絶えない」「すぐに人と比べて落ち込む」「やる気が出ない」「不安やゆううつ感に悩んでいる」「死にたいと考えてしまう」など、多くの悩みは自尊感情の低下が原因だと本書は伝えている。そして、その回復法を教えてくれる。
本書の日本版が、ついに7月14日に刊行となった。日本でも発売即重版となり、さっそく話題を集めている。今回は、本書の刊行を記念して、その一部を特別に紹介する。

■「劣等感」は成功へのエネルギー?

 劣等感はまるで炎のようです。他人よりも足りない、劣っている、恥ずかしいと自分を責め、さらに被害者意識までが入り交じり、私たちを苦しめます。動悸が激しくなり、顔が熱くなります。心のみならず、体まで燃やしてしまう感情です。

 30代前半までは、その感情が劣等感かどうかの見極めすら難しいものです。何かをする原動力にもなり、情熱のようにも見えます。多くの人たちが劣等感を克服するために努力し、そのおかげで成功も手にしてきました。

 恋愛や仕事、ときには致命的なコンプレックスを克服しようと必死に勉強する場合もあるでしょう。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)