【精神科医が教える】「絶対に失敗したくない人」が心にゆとりを持つコツとは?

【精神科医が教える】「絶対に失敗したくない人」が心にゆとりを持つコツとは?

Photo: Adobe Stock

仕事、人間関係…周囲に気を使いながらがんばりすぎて、心をすり減らしている人も多いのではないだろうか。精神科医の本田秀夫氏は、「生きづらさを感じている人は『苦手を克服する』ことよりも、『生きやすくなる方法をとる』ほうが、かえってうまくいくことも多い」と言う。
本田氏は1988年に東京大学医学部医学科を卒業。横浜市総合リハビリテーションセンターで20年にわたり発達障害の臨床と研究を重ね、現在は信州大学で臨床・教育・研究に従事している。2019年にはNHK『プロフェッショナル仕事の流儀』に出演して話題になった。
2021年9月に、本田氏が精神科医として30年以上のキャリアを通して見つめてきた「生きづらい人が自分らしくラクに生きられる方法」についてまとめた書籍、『「しなくていいこと」を決めると、人生が一気にラクになる』が発売となった。今回は特別に本書の中から、「完璧主義で自分を追い込んでしまう人のケース」について、一部内容を抜粋、編集して紹介する。

■自分で自分を追い込んでしまう…

 企画職の30代のEさんは、新しい企画を思いつくと、その企画が自分のなかで100%満足できる内容になるまで、企画書をつくり込みます。

 比較的早い段階で企画の骨格はできあがるのですが、Eさんはそのような状態を「未完成のもの」で「人に見せられるようなものではない」と考えています。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)