【精神科医が教える】「絶対に失敗したくない人」が心にゆとりを持つコツとは?



「人に見せるのなら、完璧に仕上げてから」と思っているのです。

 そのため、企画書を提出するペースが遅く、上司からも「完成度が低くてもかまわないから、7割完成したら見せるように」と言われています。

 完璧なつもりで仕上げた企画書でも指摘が入り、軌道修正が必要になることもしばしばあります。たいていは微調整ですむのですが、ときには根本的な問題が発覚してしまうことも。

 Eさんは「期待に応えたい」「完璧な仕事をしたい」という思いと、それがなかなかうまくいかないという苦しさを抱えて悩んでいます。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)