「将来に展望が持てないな〜」と感じている人にオススメの神様

「将来に展望が持てないな〜」と感じている人にオススメの神様

Photo: Adobe Stock

私たちの生活には、いろいろなところで神様の存在を感じられることがあります。身近なところでは、「初詣」。受験生なら「合格祈願」。ビジネスパーソンなら「商売繁盛」。名だたる経営者も、日本の歴史をつくった戦国大名や歴代天皇も、神様を信仰し、力を借りて成功を収めてきました。漫画やゲームのキャラクター名でつかわれていることもあります。もしかしたら、ヒットの要因は、神様のご利益かもしれませんね。
日本には、八百万(やおよろず)の神様がいると言われています。膨大な神様の中から100項目にわたって紹介する新刊『最強の神様100』には、古代から現代まで、めちゃくちゃ力のある神様が登場します。最強クラスの神様なので、ご利益も多種多様。
今回、紹介する吉田松陰は、「学問の神様」としても知られています。神様としては若手ですがやりたいことを見つけるのもサポートしてくれます。

■近代日本の指導者を育成した「松下村塾」の先生

「諸君、狂いたまえ」と説いた吉田松陰は幕末最も人々に影響を与えた思想家です。外国の軍艦に2度乗り込もうとして捕まり、投獄後、生家の杉家で謹慎処分になります(吉田家には養子入り)。謹慎処分中、私塾「松下村塾」を開き、わずか2年で、著名な門下生が多数生まれました。

 吉田松蔭は無謀にも思えるテロ行為を計画して処刑されますが、門下生は伊藤博文と山縣有朋の2名が総理大臣になり、天皇に進言する「元老」として、死ぬまで国政に強い影響力を持ち続けました。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)