年収7000万円を捨てた元金融マンが「トマト作り」でアジアを魅了するまで

年収7000万円を捨てた元金融マンが「トマト作り」でアジアを魅了するまで

7000万円もの年収を捨てて農業へ飛び込んだ、元金融マンがいる。運営する農業法人の主力商品は工夫を凝らして開発した「天然水トマト」で、即完売の人気ぶりだ

■地元で完売する「おいしいトマト」農業法人の意外な生い立ちとは

 山梨県北杜市、南アルプスの麓に栽培面積3ヘクタールもの広大なトマト農園がある。温度、湿度、日射しなどによって自動的に天窓やカーテンが制御され、最適な栽培環境を生み出す大規模なグリーンハウスの中で、おいしいトマトがすくすくと育つ。

「農業の新しいカタチを創る」という志の下、農業法人サラダボウルを立ち上げた社長の田中進(46歳)が自信を持ってつくり上げたグループ会社アグリビジョンの農園だ。

 同社は露地物野菜など年間約30品目を栽培するサラダボウルを中心として、傘下にアグリビジョン、兵庫ネクストファーム(兵庫県)、アグリサイト(山梨県)、いわて銀河農園(岩手県)、東北アグリヒト(宮城県)という5社の子会社を持つ。サラダボウル以外は全てトマトに特化した大規模なハウス栽培で、アグリサイト、いわて銀河農園、東北アグリヒトは現在、稼働に向けて準備中だ。

 主力商品は「天然水トマト」を筆頭に、「スプラッシュ」という糖度の高いミニトマト、グルタミン酸とリコピンを豊富に含み料理に合う「ごちそうトマト」などを栽培、スーパーや一部外食産業に供給している。

「現在、4品種を扱い、生産したトマトは全て完売する人気になっています。リピートしてくれる消費者も多いですね。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)