ひろゆきが見た「人生のピークを更新し続ける人の特徴」ベスト1

ひろゆきが見た「人生のピークを更新し続ける人の特徴」ベスト1

ひろゆき氏(撮影:榊智朗)

現在、日本中で大ブレイク中のひろゆき氏。
全国のベストセラーランキングで続々と1位を獲得し、34万部を突破した著書『1%の努力』では、その考え方について深く掘り下げ、人生のターニングポイントでどのような判断をして今のポジションを築き上げてきたのかを明らかに語った。
この記事では、ひろゆき氏に気になる質問をぶつけてみた。(構成:種岡 健)

■「右肩上がりの個人」になるために

 人生のピークはいつでしょうか。若いときが体も心も元気なので、10代や20代と言う人もいれば、働き盛りの30〜40代、あるいは常にピークを更新し続けて50〜60代、それ以上と答える人もいると思います。

 落ちぶれていく子役タレントや天才キッズたちの人生は、悲劇のように描かれますが、それは人生のピークがあまりに早く来すぎているからでしょう。つまり、ピークを後ろに後ろに持っていくことができれば、つねに成長している感じを味わえて豊かな人生になるということです。

 10代や20代がピークなのは、動物的な特徴として仕方ありませんから、そこからアタマを使ってピークを更新し続けられるようにしていくのが賢い生き方だと僕は思います。

■人生のピークのための「ある特徴」

 成功者には「ある特徴」があります。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)