邪馬台国の女王・卑弥呼説がある、明治政府の顔ともなった最強の女帝

邪馬台国の女王・卑弥呼説がある、明治政府の顔ともなった最強の女帝

Photo: Adobe Stock

私たちの生活には、いろいろなところで神様の存在を感じられることがあります。身近なところでは、「初詣」。受験生なら「合格祈願」。ビジネスパーソンなら「商売繁盛」。名だたる経営者も、日本の歴史をつくった戦国大名や歴代天皇も、神様を信仰し、力を借りて成功を収めてきました。漫画やゲームのキャラクター名でつかわれていることもあります。もしかしたら、ヒットの要因は、神様のご利益かもしれませんね。
日本には、八百万(やおよろず)の神様がいると言われています。膨大な神様の中から100項目にわたって紹介する新刊『最強の神様100』には、古代から現代まで、めちゃくちゃ力のある神様が登場します。最強クラスの神様なので、ご利益も多種多様。
今回、紹介する神功皇后は、前回登場した八幡神(応神天皇)の母です。卑弥呼説があるほど、日本史上最強の女帝として、知られています。信者数ナンバーワンの神なので、皆さんも覚えておいて損はないでしょう。

■日本史上初めて紙幣の顔になった最強の女帝

 本書で一番多く登場している人物です。日本史上初めて外国に遠征した将軍は妊娠中の女性で、出産を遅らせるために、陰部に石を挿入し、腹に石を当てサラシを巻いていたと聞いたら、ドン引きでしょうか。サラシを巻いたレディースではありません。時の最高権力者で、コトシロヌシや住吉三神ら多くの神々を降ろす巫女の神功皇后です。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)