聖徳太子が信仰したとされる謎多き神様の正体は?

聖徳太子が信仰したとされる謎多き神様の正体は?

Photo: Adobe Stock

私たちの生活には、いろいろなところで神様の存在を感じられることがあります。身近なところでは、「初詣」。受験生なら「合格祈願」。ビジネスパーソンなら「商売繁盛」。名だたる経営者も、日本の歴史をつくった戦国大名や歴代天皇も、神様を信仰し、力を借りて成功を収めてきました。漫画やゲームのキャラクター名でつかわれていることもあります。もしかしたら、ヒットの要因は、神様のご利益かもしれませんね。
日本には、八百万(やおよろず)の神様がいると言われています。膨大な神様の中から100項目にわたって紹介する新刊『最強の神様100』には、古代から現代まで、めちゃくちゃ力のある神様が登場します。最強クラスの神様なので、ご利益も多種多様。
本日9月21日は、「旧秋の明月」。この日に紹介するにふさわしいツキヨミは、運がついているの「ツキ」を担当する神様です。月は夜出現するだけあって、夜のお仕事の人に良いとされている神様です。ぜひ、周りにそのような方がいたら、ぜひ紹介してあげてください。

■夜を支配し、ツキを司る月の神

「ツイてるわ〜」と幸運や不運を感じることがありますよね。その「ツキ」を担当するのが、ツキヨミ(ツクヨミ)です。漢字では、月読、月夜見、月弓など。夜のお月様の神で「アマテラスの次にえらい神」のはずですが、古事記では生まれただけで何もしません。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)