首都圏「中高一貫校」に今世紀最多の受験生が押し寄せる!?激戦必至の2022年入試

首都圏「中高一貫校」に今世紀最多の受験生が押し寄せる!?激戦必至の2022年入試

2022年に増加する受験生の受け皿は共学校となる。今後共学化する女子校は受験生の注目度も高い。22年の星美学園(共学後はサレジアン国際学園)に続き、23年には姉妹校である目黒星美学園も共学化してサレジアン国際学園世田谷となる予定

今回は6〜7月に実施された4つの模試(以下、7月模試)の受験者動向を取り上げる。驚いたことに、以前ご紹介した4月模試で示された増加傾向は継続していた。このまま推移すると、首都圏中学受験者数が21世紀最多だった15年前の水準に2022年は達するかもしれない。(ダイヤモンド社教育情報)

■前年比受験者数2割増の衝撃

 4回目となる緊急事態宣言は期間延長を繰り返し、首都圏では9月30日まで継続される。新型コロナ禍は2021年も中学受験生に多大な負荷を掛けているが、最初の宣言下にあった20年4月実施の模試は会場確保も困難で、総受験者数が大きく減少した。そのため、単純に前年比較はできないのだが、2回目と3回目の宣言の狭間で実施された21年4月模試の受験生数は大きく増加している。

 この点については以前の連載記事で触れたとおり、20年より2割増、19年比でも1割増と、22年首都圏中学入試の受験者数は激増する可能性が示されていた。少子化(小6人口の減少)とコロナ禍による経済的困窮をものともせず、中学受験熱がむしろ高まっていることは、それだけ公立校への教育不信が大きいことの裏返しかもしれない。

 6〜7月に実施された4つの模試(四谷大塚「合不合判定テスト」、日能研「志望校判定」、首都圏模試センター「小6合判模試」、SAPIX「志望校判定サピックスオープン」)受験者について、3回に分けて見ていきたい。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)