起業の原資にもなった!ラクスル松本CEOが学生時代に始めた投資で得た教訓とは?

起業の原資にもなった!ラクスル松本CEOが学生時代に始めた投資で得た教訓とは?

松本恭攝(まつもと・やすかね)
ラクスル株式会社代表取締役社長CEO
2008年慶應義塾大学商学部卒業、A.T.カーニー株式会社入社、翌年ラクスルを設立し現任。

学生時代に投資を始め、それで得た資金がラクスル創業にも役立ったという松本CEO。若い人も、まずは1回投資をやってみるべき、と言います。日本の働く世代に手頃な資産運用サービスを届けるウェルスナビ代表取締役CEOの柴山和久さんの著書『元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いた これからの投資の思考法』発売を記念した、印刷業界の革命児であるラクスル代表取締役CEOの松本恭攝さんとの対談後編では、松本CEOに、ご自身の個人的な投資経験から得た教訓や、霞が関を変革するアイデアを伺っていきます。(撮影:疋田千里)

■国家公務員の給料を財団で運用してねん出しよう!

柴山和久さん(以下、柴山) 松本さんは富山のご出身で、ご親族の公務員が多いと伺いました。だとすると、ご親族はあまり資産運用されていなかったですかね。私の財務省時代の同僚・先輩もほとんどしていなかった印象です。最近、ようやくNISAを始めようとしたら書類が多すぎて挫折しそうになった、という話を聞くほどです(笑)。

松本恭攝さん(以下、松本) そうなんです。父、母、叔父、叔母、義姉みんな公務員でした。兄は今は違いますが、一時やはり公務員でしたし。おっしゃるとおり、みんな資産運用はすごくコンサバティブで、両親は70才前後ですが、退職するまで運用はしていなかったと思います。退職金で投資信託メインの運用を始めたみたいです。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)