【1万円を1億円にする方法】 「6歳で起業、13歳で億万長者」 になった秘密を、こっそり教えるね。



 もしお金になるアイデアを思いついたら、チャンスは無限に広がる。

3 子どものときこそ何にでも挑戦できる

 これは本当だ。子どものときが一番自由だ。

 大人になると、たくさんのしがらみがあって、リスクを取るのが難しくなる。

 それに子どもはかわいいから、周りの人が助けてくれる。

4 上司がいない

 誰かにえらそうに命令されるのが好きだという人はいないよね。

 でも、みんな上司になりたがる。

 もちろん部下がいなければ、自分が自分の上司になるしかない。

 今すぐ弟か妹を雇うといい。

5 大失敗できる

 成功した経営者はみんな、トップに登りつめるまでにたくさんの失敗を経験している。

 早く起業すれば、誰も気づかないうちにたくさん失敗できるし、失敗から学ぶことができる。

6 カッコいい

 起業家の肩書きは、大学の入学願書でも履歴書でも目を引く。

 積極的で賢くて責任感があることがわかるからね。

■13歳で億万長者になった理由

 事業経営は素晴らしいことだし、運転免許が取れない年齢でも起業している子どもたちはたくさんいる。

関連記事(外部サイト)