“9000人分の業務日誌”の分析で見つかった「仕事のやりがい」

“9000人分の業務日誌”の分析で見つかった「仕事のやりがい」

Photo: Adobe Stock

イギリスからの翻訳書『Google・YouTube・Twitterで働いた僕がまとめたワークハック大全』が本年9月に発売された。コロナ禍で働き方が見直される中で、有益なアドバイスが満載な1冊だ。著者のブルース・デイズリー氏は、Google、YouTube、Twitterなどで要職を歴任し、「メディアの中で最も才能のある人物の1人」とも称されている。本書は、ダニエル・ピンク、ジャック・ドーシーなど著名人からの絶賛もあって注目を集め、現在18ヵ国での刊行がすでに決定している世界的なベストセラー。イギリスでは、「マネジメント・ブック・オブ・ザ・イヤー 2020」の最終候補作にノミネートされるなど、内容面での評価も非常に高い。本連載では、そんな大注目の1冊のエッセンスをお伝えしていく。

■「仕事での充実感」は何から生まれるか?

 集中を妨げられてばかりいると、人は身を入れて仕事ができないという感覚を強く覚えるようになる。

 これは自己肯定感に悪影響を与える。この分野の第一人者である心理学者のテレサ・アマビールによれば、人が仕事に満足感を覚えるのは、「進捗を実感しているとき」だという。

 つまり、大量のメールの返信に追われるのではなく、1つの重要なタスクに集中しているとき、人は仕事への満足感を高める。ハンガリー系アメリカ人の心理学者ミハイ・チクセントミハイはこの状態を「フロー」と呼び、こう説明している。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)