「年金手取り額が少ない」都道府県庁所在地ランキング2021、手取り率にも注目したい理由

「年金手取り額が少ない」都道府県庁所在地ランキング2021、手取り率にも注目したい理由

Photo:PIXTA

住む場所によって年金の手取り額が異なる――。意外と知らない衝撃の事実をランキング形式でお伝えした2019年の記事、『「年金手取り額が少ない」都道府県庁所在地ランキング』は大きな反響を呼んだ。そこで今年は2回にわたって、国民健康保険料や介護保険料の改訂を反映した2年ぶりの最新版ランキングをお届けした。今回はその総括編として、年金の手取り額と同じくらい重要な「手取り率」についてお伝えする。(ファイナンシャルプランナー〈CFP〉、生活設計塾クルー取締役 深田晶恵)

■住む場所によって年金の「手取り額」が異なる衝撃事実!

『「年金手取り額が少ない」都道府県庁所在地ランキング2021』を【年金年収200万円編】と【年金年収300万円編】の2つのパターンで2回(2週)にわたって掲載した。タイトルにインパクトがあることもあり、多くの読者から反響をいただいた。

 公的年金は、年金加入期間や会社員時代の平均年収などによって金額が決まる。ねんきん定期便に記載されているのは「額面の年金収入」で、条件が同じであれば全国どこに住んでいても同じ金額である。

 一方「年金の手取り収入」とは、額面から税金(所得税・住民税)や社会保険料(国民健康保険料と介護保険料)を差し引いたものだ。これは、どこに住むかによって金額が変わってくる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)