Amazonジェフ・ベゾスも経営陣と読んだ伝説の1冊が17年間日本で出版されなかった理由

Amazonジェフ・ベゾスも経営陣と読んだ伝説の1冊が17年間日本で出版されなかった理由

Photo: Adobe Stock

イスラエルの物理学者・エリヤフ・ゴールドラットによって執筆されたビジネス小説『ザ・ゴール』。1984年にアメリカで出版された後、瞬く間に世界的なベストセラーになった同書は、日本国内でも125万部を超えるヒットを記録している。そして本年2021年、日本での出版20周年を迎えることになったが、発刊後、日本語の翻訳が禁じられていた時期があったことはあまり知られていない。たしかに、1984年のアメリカでの発刊から2001年の日本での発刊までには、17年もの開きがある。
本連載では、日本語版発刊20周年を記念して、日本での刊行が遅れた経緯、そして本書を通じて著者が伝えたかったことの本質について、著者登壇の伝説の講座の内容を4回にわたってお届けする。
本記事は2021年10月7日にオンラインにて特別配信されたエリヤフ・ゴールドラット氏生前最後の講義「月曜日が楽しみな会社にしよう!」の上映会をもとに作成しています。

■人間の行動は「物理の法則」と同じ?

連載第1回目は、著者の日本人観、そして『ザ・ゴール』日本版発刊にまつわる秘話について語られている部分を扱っていくが、本書をまだ読んだことのない方に向けて、エリヤフ・ゴールドラット氏が、『ザ・ゴール』の本質について語っている部分を要約する形で紹介したい。

「今では、『ザ・ゴール』のアイデアは世界の製造業の約2割で利用されています。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)