SDGsへの取り組みの評価が高い企業ランキング2021【機械・金属/電気・電子】、トヨタ、キヤノンに続くのは?

SDGsへの取り組みの評価が高い企業ランキング2021【機械・金属/電気・電子】、トヨタ、キヤノンに続くのは?

SDGsへの取り組みの評価が高い企業ランキング2021【機械・金属/電気・電子】、トヨタ、キヤノンに続くのは?の画像

2015年9月に国連サミットで採択されたSDGs「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」。

 SDGsの認知度の向上とともに、企業の取り組みへの関心も高まっている。そこでブランド総合研究所は2021年7月に『企業版SDGs調査2021』を実施した。同研究所が独自に210社を選出し、各社の活動が一般消費者にどのくらい認知・理解され、評価されているのかの調査を実施し数値化したものだ。

 今回は、その調査の「SDGsの取り組みの評価が高い業界別ランキング」(※1)から、「機械・金属」「電気・電子」の業種に絞ってランキングを紹介する。

※1 調査を行ったのはブランド総合研究所(調査概要https://news.tiiki.jp/articles/4685)。アンケートは全国の調査モニターより、年代(20代、30代、40代、50代、60代以上)と性別で均等に回収。2021年7月25日〜31日にかけてインターネットで調査を実施した。各企業の回答数をそれぞれ1000人ずつ回収し、不完全回答および信頼性の乏しい回答を除く計1万8403人の有効回答を得た。なお、選出した210社は、原則として消費者が評価しやすいブランド名を優先している。
「あなたは各社がSDGs(持続的な開発目標)への取り組みをしていると思いますか」との設問に対し5段階で回答してもらった結果をもとに点数を算出した。

■【機械・金属】トヨタ自動車が1位日本を代表する企業の圧倒的強さ

「機械・金属」業界のメインプレイヤーは自動車である。中でもトヨタ自動車は、日本を代表する大企業として衆目の集まる存在だけあって、SDGsに関する注目度も高く、総合順位で1位(26.3点)。同業種では日産自動車が2位(19.0点)で総合では6位だった。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)