日本の政治はなぜダメになったか?巨匠たちが教える政治家の「真の資質」

日本の政治はなぜダメになったか?巨匠たちが教える政治家の「真の資質」

『職業としての政治』マックス・ヴェーバー著(岩波文庫)

先般も衆議院選挙があった。「日本の政治はなぜダメなのか」と悲憤梗概する人も多い。ふと疑問に思ったことがある。選挙に出る人たちの動機は何か。一体何がしたいのか。単なる家業なのか。特定の勢力の手先なのか――。

自民党、日本維新の会、野党連合の勢力図や政策について考えることも、もちろん私たちの生活にかかわる重大事もしれないが、「誰が受かって誰が落ちた」「どこが勢力を伸ばしたか」という目先のことよりも、「政治家とは何か」という本質的なことを考えることで、スキャンダルや失言などの些末な問題(もちろん犯罪行為や差別発言がどうでもいいというわけでは決してないが)に囚われ過ぎず、激動の時代を遠くまで見通すことができるのではないか。

そのためにはまず政治の仕事とは何かを知っておかねばならない。今回採り上げるのはマックス・ヴェーバーの『職業としての政治』と、アメリカの第37代大統領リチャード・ニクソンが、イギリスのチャーチル首相やフランスのド・ゴール大統領など傑出した政治家たちについて評した名著のほまれ高い『指導者とは』である。

実は後者は、前者を読むのに格好のサブテキストだと私は考えている。これらの書物を読むことで、なぜ日本では「だめな人」を政治家にしてしまうのかに得心がいき、政治家や権力者の内面も垣間見ることができ、視界が開けるに違いない。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)