「耳が遠い」と認知症が進む!? 今すぐできる対策とは?

「耳が遠い」と認知症が進む!? 今すぐできる対策とは?

Photo: Adobe Stock

人生100年時代は、健康こそ最大の資産です。
しかし40歳を越えると、がん、糖尿病、腎臓病といった病気を避けては通れません。国立がん研究センターによれば、40〜49歳のがん患者数は、30〜39歳と比べると3倍以上です(2018年)。もちろん50代、60代と年齢を重ねるにつれ、がん患者数はどんどん増えていきます。
本連載は、毎日の食事から、大病を患ったあとのリハビリまで、病気の「予防」「早期発見」「再発予防」を学ぶものです。著者は、産業医×内科医の森勇磨氏。「予防医学ch/医師監修」の管理人でもあり、動画は「わかりやすい説明で参考になる」「怖いけど面白い」と評判で、チャンネル登録者は27万人を超えています。初の単著『40歳からの予防医学 医者が教える「病気にならない知識と習慣74」』を出版後、すぐに重版が決まり、感染症医・神戸大学教授の岩田健太郎氏が「安心して読める健康の教科書」と推薦文を寄せるなど、話題になっています。

■認知症になってからの生存期間は7〜10年?

 予防医学にとっての最後の関門が「認知症」です。世界中で毎年およそ1000万人もの人々が認知症に罹患していると言われています(※1)

 認知症自体で死亡することはありませんが、食事がとれなくなる、「むせ」による誤ご嚥えん性せい肺炎になりやすくなる、転倒して骨折しやすくなる等の複合的な要因で、発症からの生存期間は7〜10年と言われています(※2)

 何より大切な家族とのコミュニケーションがとれなくなってしまうことが多く、晩年の充実した時間を過ごすためにも、認知症予防には力を入れたいところです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)