ユニバーサル社株主代表訴訟の舞台裏、原告側への「満額回答」は予想通り?

ユニバーサル社株主代表訴訟の舞台裏、原告側への「満額回答」は予想通り?

写真はイメージです Photo:Takashi Aoyama/gettyimages

11月25日、原告である個人投資家・細羽強氏がユニバーサルエンターテインメント社の岡田元会長を訴えた訴訟の地裁判決が出た。その内容は、被告側に日本円で約20億円の支払いを命ずるという、原告側の「完勝」であった。原告側の弁護士は、この勝訴は「予想通り」だという。原告と弁護士の戦いを追った。(ジャーナリスト 横田由美子)

■ユニバーサル訴訟は予想通りの「原告側完勝」

「それでは判決を言い渡します」

 11月25日、午後1時10分。東京地方裁判所民事8部の朝倉佳秀裁判長は、株式会社ユニバーサルエンターテインメント株主代表訴訟事件の判決文を読み上げた。

1 被告は、原告補助参加人に対し、1億3600万香港ドル及び17万3562.23米国ドル並びにこれらに対する平成30年4月17日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。
2 訴訟費用(補助参加によって生じたものを含む。)は被告の負担とする。


 既に予想されていたことではあったが、原告である個人投資家・細羽強氏の完勝だった。被告で東京都江東区に本社のあるユニバーサルエンターテインメント社(旧アルゼ、以下ユニバーサル社)創業者・岡田和生氏は、この判決により、補助参加人であるユニバーサル社に約20億円の支払義務が生じたことになる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)