選挙に出馬した途端、知り合いと連絡がつかなくなる

選挙に出馬した途端、知り合いと連絡がつかなくなる

友だちは多かったはずなのに、出馬を決めたとたん、誰とも連絡がとれなくなった

地方局のアナウンサーから史上最年少の36歳で福岡市長に就任。
逆風のスタートから、いかにして福岡を「最強」と言われる都市に改革していったのか?

2018年11月の市長選では28万票以上を獲得、
前回(2014年)に続き史上最多得票を更新した高島市長だが、
そこに至るまでの道のりは、第1回の記事とおり、決して平坦なものではなかった。
出馬という大きな決断の裏にあった、さまざまな出来事とは…。
人生の大きな決断をするとき、チャンスをつかむときに、本当に大切にしたいことは何か。

博多駅前道路陥没事故の復旧や、熊本地震の際のSNS活用方法をはじめとした取り組みで注目を集める高島市長は、まさしく福岡市の【経営】者だ。そんな彼の仕事論・人生論が詰まった、初の著書『福岡市を経営する』(ダイヤモンド社)から、その一部を再編集して特別公開する。
<構成:竹村俊助(WORDS)、編集部、著者写真撮影:北嶋幸作>

■出馬を決めたとたん、「友だち」がサーッと消えていった

 最初の選挙では、人生を見つめ直さざるをえない貴重な経験をしました。

 私は、2010年まで九州・山口エリアの朝の情報番組のメインキャスターをしていました。放送局にアナウンサーとして入社してから約13年間にわたって、リポーターやキャスターとしてテレビに出演していたのです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)