超SNS時代に「今の一流」が落ちぶれる理由(下)

超SNS時代に「今の一流」が落ちぶれる理由(下)

超SNS時代に「今の一流」が落ちぶれる理由(下)の画像

20世紀は、大手企業や政府などが権力を持つ「オールドパワー」の時代だったが、テクノロジーの発展の結果、いまや大組織がパワーを溜めこむことは不可能となった。21世紀は、個人でも際限なく大きな権力や影響力を持てる「ニューパワー」の時代。あなたは「ニューパワー」の側の人間だろうか、それとも「オールドパワー」だろうか――?
世界に起こっているそうしたパワーの変化とその影響を鮮やかに読み解き、米ニューヨーク・タイムズ紙、英フィナンシャル・タイムズ紙など各国メディアで絶賛されている書籍が『NEW POWER これからの世界の『新しい力』を手に入れろ』だ。
著者は、ハーバード大、マッキンゼー、オックスフォード大などを経て、現在はニューヨークから世界中に21世紀型ムーブメントを展開しているジェレミー・ハイマンズと、約100か国を巻き込み、1億ドル以上の資金収集に成功したムーブメントの仕掛け人であり、スタンフォード大でも活躍するヘンリー・ティムズ。
本書ではこれからの時代におけるパワーのつかみ方、権力や影響力の生み方、使い方について、まったく新しい考え方を紹介している。その刊行を記念して、前回「超SNS時代に『今の一流』が落ちぶれる理由(上)」に続き、その一部を特別公開したい。

■テクノロジーの変化が「新たな考え方」を生んだ

 いつの時代も、人びとは世の中に参加したいと思っていた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)