日本型組織の意思決定は、なぜ異常に歪むのか?

日本型組織の意思決定は、なぜ異常に歪むのか?

日本型組織の意思決定は、なぜ異常に歪むのか?の画像

私たちは自由に思考していると考えているが、実際のところ、見えない圧力に強く影響を受けている。「お前はうちの空気が読めてないだろ!」。上司が部下に発するこの一言からは、言論の自由はタテマエで、実際には「空気」という抵抗できない強い圧力があることがわかる。では「空気」とは何か。同調圧力とは? 15万部のベストセラー『「超」入門 失敗の本質』の著者・鈴木博毅氏が、40年読み継がれる日本人論の決定版、山本七平氏の『「空気」の研究』をわかりやすく読み解く新刊『「超」入門 空気の研究』から、内容の一部を特別公開する。

■なぜ日本には言論の自由がないのか合理的な思考を締め出す見えない圧力

 私たち日本人が、「空気」という言葉で連想する一番のイメージは、窮屈さでしょう。
 空気を読め、とはよく言われます。

『「空気」の研究』は、山本七平氏と雑誌記者との道徳教育の議論から始まります。

 山本氏が、「日本の道徳は差別の道徳である、という現実の説明からはじめればよい」と記者に伝えたところ、記者は驚愕して、とてもそんなことは書けないと反論します。

 山本氏は現実の事例を挙げた上で、次のように切り返します。

「どうしてですか、言論は自由でしょ」
「いや、そう言われても、第一うちの編集部は、そんな話を持ち出せる空気じゃありません(*1)」

 日本では、言論の自由はタテマエで、実際には「空気」という規制があることがわかります。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)