韓国・文大統領が「朝鮮半島問題」で主導的立場を喪失、背景を元駐韓大使が解説

韓国・文大統領が「朝鮮半島問題」で主導的立場を喪失、背景を元駐韓大使が解説

北朝鮮が5日に発射した極超音速ミサイル 写真:朝鮮労働新聞HPより

■朝鮮半島問題で主導的役割を果たせぬ文政権

 北朝鮮は5日に極超音速ミサイルを発射し、さらに11日にも弾道ミサイルと推定される飛翔(ひしょう)体を発射した。

 韓国軍当局によれば、ミサイルはマッハ10の速度が出ており、5日のミサイルと似た地域から発射されているとのことである。このため、国連安保理の会合や、韓国軍が5日のミサイルは極超音速ミサイルではないと否定したことへの北朝鮮による反発であり、断固ミサイルの性能向上を進めるとする意志の表れであるとの分析が出ている。

 北朝鮮が5日に極超音速ミサイルを発射した2時間後、日米外相は電話で会談を行ったが、米韓は北朝鮮核問題担当首席代表が会談したのみだった。これについて、韓国のメディアは懸念を表明し、また、こうした事態を招いたことを批判的に報じている。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)