伝説のカウンセラーが教える、対話の中で生まれた沈黙の乗り越え方

伝説のカウンセラーが教える、対話の中で生まれた沈黙の乗り越え方

2021年11月に開催された聞く技術フェスティバル2021

経営者や著名人に圧倒的な信頼を得るインタビュアーの宮本恵理子さん。一瞬で相手の心をほぐし、信頼を得る宮本さんの聞く技術についてまとめた新刊『行列のできるインタビュアーの聞く技術 相手の心をほぐすヒント88』では、相手の心に寄り添い、魅力を良さを引き出す宮本さん独自の技術をふんだんに盛り込みました。今回は、宮本さんが業界のキーパーソンと「聞く技術」をテーマに語り合ったオンラインイベント「聞く技術フェスティバル」の内容を紹介します。聞くフェス2回目のゲストにお招きしたのが、伝説のカウンセラーとして経営者や著名人の間では知る人ぞ知る存在の松木正さん。普段は子どもから大人まで幅広い人の心の声に寄り添う松木さんは、どのように相手の話を聞いているのでしょうか。(構成/深谷百合子)

■松木正さん対談1回目>「伝説のカウンセラーが教える!語り手がハッとする気づきを促すきき方とは」
■松木正さん対談2回目>「「一緒に冒険しませんか」伝説のカウンセラーが明かす心を開くひと言」

宮本恵理子さん(以下、宮本) 松木さんのカウンセリングの時間の中でもよく起きるかもしれませんが、インタビュー中にあまりきかれたことのなかった質問を投げた時、沈黙が起きることがあります。沈黙の過ごし方は大事だと思っていて、私はそんな時、「待ちますね」と伝えるようにしているんです。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)