外食業界のレジェンド 横川竟会長と語る ポストコロナに必要な人材育成戦略とは?

外食業界のレジェンド 横川竟会長と語る ポストコロナに必要な人材育成戦略とは?

高倉町珈琲提供

コロナ禍で大打撃を受けた外食産業だが、3月21日に「まん延防止等重点措置」が解除されて以降、需要が急拡大している。その追い風に乗る、カギを握るのが“ヒト”だ。人が採りにくくなるなか、採用したスタッフの育成と定着が課題になる。ファミリーレストランチェーンのすかいらーくの創業に携わり、外食業界のレジェンドの横川竟氏(高倉町珈琲会長)と、日本マクドナルドで「ハンバーガー大学」の学長を務めた有本均氏(ホスピタリティ&グローイング・ジャパン会長)が経営者の役割と人財育成術を語った。(聞き手・構成・ダイヤモンド社・大坪稚子/撮影・大崎えりや)

■危機のときこそ経営者はメッセージを伝えなければならない

――新型コロナウイルス禍で、外食産業は大打撃を受けました。日本フードサービス協会によれば、2021年の「パブレストラン/居酒屋」の売上げは、コロナ以前の19年と比べて72.8%、「ファミリーレストラン」では29.7%、落ち込んだといいます。横川さんはこの状況をどう受け止めていましたか。また、経営者としての役割についてはどのように考えていましたか。

横川竟(以下、横川) ファストフードなど好調だった業態はあるにせよ。外食産業にとって、これほどの危機は過去に経験したことがありません。それはもうたいへんですよ。ただ、コロナのせいで外食がダメになったというよりは、価格競争中心で、お客様が求めるメニューやサービスとにずれが生じていたなど、もともと多くの課題を抱えていたところに、コロナが追い打ちをかけた、というのが実情だと思います。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)