“部下とどんな話をすればいいのか”悩むリーダーの意識を180度変えた研修の正体――1on1先進企業に学ぶ(1)パナソニック ソリューションテクノロジー

“部下とどんな話をすればいいのか”悩むリーダーの意識を180度変えた研修の正体――1on1先進企業に学ぶ(1)パナソニック ソリューションテクノロジー

“部下とどんな話をすればいいのか”悩むリーダーの意識を180度変えた研修の正体――1on1先進企業に学ぶ(1)パナソニック ソリューションテクノロジーの画像

長引くコロナ禍で、多くの企業で「上下間コミュニケーション」が危機に瀕している。それでなくても上司と部下との意思疎通がスムーズにいかない組織は多かったはず。ここをうまく乗り切らなければ、アフターコロナの反転攻勢に即応できない恐れもある。では、どうすればいいのか。1on1によって組織活性化に成果をあげている企業の事例を通して、『部下が自ら成長し、チームが回り出す1on1戦術』の著者である人材・組織開発コンサルタントの由井俊哉氏がベストプラクティスを説く。(構成/間杉俊彦)

■「部下との対話」に悩むマネジャーは、研修で何をつかんだのか?

 パナソニック ソリューションテクノロジーは、パナソニックの100%子会社で、SI(システムインテグレーション)、クラウド事業を手がけています。同社では2017年から、組織の目標達成と個人の成長に向けて「部下が主体的に考え、上司に伝える」「上司は、主体的に考える部下を支援する」という状態を目指し、上司と部下が定期的に1on1ミーティングを重ねています。

 香田敏行社長も自ら率先垂範で1on1に取り組むなど、その取り組みは積極的で、より風通しのよい社風の確立を目指しています。その様子は2020年11月刊行の『1on1ミーティング』(本間浩輔、吉澤幸太著/ダイヤモンド社)でも紹介されました。

 それから2年たち、思いがけず長期化したコロナ禍にあって、同社の1on1はどのように進化しているのでしょうか。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)