23卒採用の選考で、経営者や人事担当者がハマりがちな落とし穴

23卒採用の選考で、経営者や人事担当者がハマりがちな落とし穴

23卒採用の選考で、経営者や人事担当者がハマりがちな落とし穴の画像

2023年3月卒業予定者(以下、23卒生)をメインにした、企業における採用選考が進んでいる。すでに同時期の就職内定(内々定)率が前年を上回っているという民間調査のデータもあるが、これから6月頃までが採用選考のピークで、対面やオンラインによる最終面接が行われていくだろう。そうした一連の採用活動の過程で、企業の経営者や人事担当者がハマりがちな落とし穴は何か? 多業種の企業と深くかかわり、インターンシップのプロデュースをはじめ、人材採用から育成までのコンサルティングを手がけている福重敦士さん(株式会社ダイヤモンド・ヒューマンリソース HD首都圏営業局・局長)に話を聞いた。(ダイヤモンド社 人材開発編集部、撮影/菅沢健治)

■オンライン時代に面接担当者に求められるスキル

 コロナ禍も3年目に入り、昨年2021年9月末で緊急事態宣言がいったん解除されたものの、今年2022年にはオミクロン変異ウイルスが感染拡大し、まん延防止等重点措置が東京都などに適用された。23卒生を主な対象とした企業の採用活動は、いままさにピークだが、コロナ禍における採用活動はどう推移しているのだろう。

福重 コロナ禍が始まった2020年の採用活動(21卒生の採用活動)では、企業側も学生側も「カメラの使い方が分からない」「オンラインツールの利用がうまくできない」といったトラブルが続出しました。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)