【東大名誉教授が教える】ローマの英雄カエサルに学ぶ「優れたリーダー」の共通点とは?

【東大名誉教授が教える】ローマの英雄カエサルに学ぶ「優れたリーダー」の共通点とは?

Photo: Adobe Stock

どんな規模の組織でも、リーダーを経験したことがある人ならば、チームを率いることの難しさを感じたことがあるはずだ。グローバル化が本格化するなかで、リーダーシップを発揮するための格好のお手本となるのが、「世界史の英雄たち」である。世界史には馴染みがなくて……という人のために、『アメリカの中学生が学んでいる 14歳からの世界史』が翻訳出版された。全世界で700万人に読まれたロングセラーだ。本村凌二氏(東京大学名誉教授)「人間が経験できるのはせいぜい100年ぐらい。でも、人類の文明史には5000年の経験がつまっている。わかりやすい世界史の学習は、読者の幸運である」、COTEN RADIO(深井龍之介氏 楊睿之氏 樋口聖典氏・ポッドキャスト「歴史を面白く学ぶコテンラジオ」)「ただ知識を得るだけではない、世界史を見る重要な観点を手に入れられる本! 僕たちも欲しいです」、佐藤優氏(作家)「世界史の全体像がよくわかる。高度な内容をやさしくかみ砕いた本。社会人の世界史の教科書にも最適だ」と絶賛されている。世界史を紐解いてみたときに、どんなリーダーから何を学ぶことができるのだろうか。本書の帯に推薦の辞を寄せた、東大名誉教授で歴史学者の本村凌二氏にインタビューを行い、リーダーの資質について話をうかがった。(取材・構成/真山知幸)

■人物から世界史に親しむ

――世界史は日本史と比べると、なかなか勉強するきっかけがつかめません。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)