話題の“脱マウス術”が解説! 知名度は低いが効果絶大「ワンランク上のコピペ術」とは?

話題の“脱マウス術”が解説! 知名度は低いが効果絶大「ワンランク上のコピペ術」とは?

Photo: Adobe Stock

「マウスを使わずにパソコンの操作をする」。最近、この「脱マウス」への関心が高まっている。新刊『脱マウス最速仕事術』を上梓した森新氏は、その背景には、マウスとキーボードの間を手が幾度となく行き来する「時間のムダ」と「作業ストレス」の改善へのニーズがあると言う。森氏は独自に研究を重ね「脱マウス」のメソッドを開発し、年間88万回ものクリック数を削減、「年間120時間のムダ」を解消した。セミナーの参加者からは、「誰でもマスターできる!」と大好評だ。本連載では、満足度97%超のメソッドを凝縮した『脱マウス最速仕事術』(ダイヤモンド社)の内容から、時短に大きく貢献する「脱マウス」の技術をお伝えしていく。

「図」や「オブジェクト」などの貼り付け方を選ぶ 文字やグラフ、図形などをコピーして形式を選んで貼り付けたいことがあります。

 たとえば、エクセルで作成した表をパワーポイントのスライドに貼り付けるときも、図として貼り付ければ、エクセルの書式をそのまま利用できる上に、ほかの人がうっかり編集する心配がありません。

 また、エクセルのワークシートオブジェクトとして貼り付けておけば、エクセルで行うのと同じように編集できるので、あとから数値を変えやすくなります。

 このように、目的や状況に応じて貼り付け方を指定したいときは「形式を選択して貼り付け」画面を使います。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)