意外と知らないロシア周辺国「中央アジア最大の産油国カザフスタン」

意外と知らないロシア周辺国「中央アジア最大の産油国カザフスタン」

中央アジアの国々

ニュースで見聞きした国、オリンピックやW杯に出場した国、ガイドブックで目にとまった国――名前だけは知っていても「どんな国なのか?」とイメージすることは意外と難しい。大人の教養として世界の国々を知ろうと思った時におすすめ1冊が、新刊『読むだけで世界地図が頭に入る本』(井田仁康・編著)だ。世界地図を約30の地域に分け、地図を眺めながら世界212の国と地域を俯瞰する。各地域の特徴や国どうしの関係をコンパクトに学べて、大人なら知っておきたい世界の重要問題をスッキリ理解することができる画期的な1冊だ。本書から特別に一部を抜粋して紹介する。

■カザフスタンってどんな国?

 カザフスタンは中央アジアに位置する内陸国で、北はロシアに接し、東は中国に接します。

 東にアルタイ山脈、西にカスピ海、北に西シベリアステップ、南にキジルクム砂漠と天山山脈の支脈を有します。

 中央部からカスピ海低地にかけて広大なカザフステップが広がり、内陸国としては世界一の面積を誇る国家です。

■資源豊富なカザフスタンは「中央アジア最大の産油国」

 石油・天然ガス・レアメタルなどの資源に恵まれ、とくに石油は世界の2.4%を産出し、同国の輸出額の61.9%を占めています(2018年)。

 主な油田はカスピ海周辺に位置しています。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)