夜の蝶に貢いで逃げられた若旦那の末路…「贈与税に相続税まで自腹」の危機

夜の蝶に貢いで逃げられた若旦那の末路…「贈与税に相続税まで自腹」の危機

コロナ禍で営業不振に見舞われたパブやクラブなどで働く女性、いわゆる“夜の蝶”に生活費を渡し続けたら、贈与税はどうなるのか?(写真はイメージです) Photo:PIXTA

一般社団法人日本フードサービス協会(JF)によると、コロナ禍に見舞われた2020年、外食産業全体の売上金額前年比は84.9%に落ち込んだ。特にパブレストラン/居酒屋は50.5%、翌21年も57.8%と厳しい。そんな不況下にあえぐパブやクラブなどで働く女性、いわゆる“夜の蝶”に生活費を渡し続けたら、贈与税はどうなる?相続税専門の税理士として事例をもとに解説しよう。(税理士、岡野雄志税理士事務所所長 岡野雄志)

■富裕層の「紳士の嗜み」「旦那遊び」もコロナ禍で下火になる中…

「夜の蝶」とは、パブ、クラブ、キャバクラなどで働く、水商売の女性たちのこと。川口松太郎の小説を原作とした、京マチ子、山本富士子の二大女優共演映画『夜の蝶』(1957年公開)から流行語となった。主人公ふたりは銀座で人気を二分するクラブのママで、実在のモデルがいたそうだ。

 銀座のクラブといえば高級ナイトクラブの代名詞であり、座るだけで4万〜5万円、ホステスとの会話や飲酒を楽しめば一晩で10万円はするといわれる。高級会員制クラブともなれば、財力だけでなく、地位や名誉、それなりの品格を身に付けた「紳士」でなければ、メンバーにはなれない。

 今回の事例のAさんも、そんな高級クラブに出入りを許された老舗の若旦那だ。先代である父親は70歳を超えた今でも矍鑠(かくしゃく)として、業界での信頼も厚い。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)