コロナ禍のドタバタは日本ならでは? 日本史を学ぶと見えてくる「日本モデル」とは

コロナ禍のドタバタは日本ならでは? 日本史を学ぶと見えてくる「日本モデル」とは

コロナ禍のドタバタは日本ならでは? 日本史を学ぶと見えてくる「日本モデル」とはの画像

新型コロナウィルスは、2019年12月に中国ではじめて報告されてから瞬く間に世界に広がり、今なおおさまっていない。そんななか、メディアでもよく取り上げられ、多くの人の関心を集めているのはコロナ対策「日本モデル」の良い点・悪い点だ。
世界から見て、日本のコロナ対策は概ね成功しているという論調もある一方で、「税金の無駄遣い」と批判されたマスク配布、効果のはっきりしない水際作戦、進まない3回目のワクチン接種などチグハグに見えるところもあった。
しかしこの「日本モデル」は今に始まったことではない。日本でのコロナ対策のドタバタを歴史から捉えたらどうなるか。ダイヤモンド社の書籍『東大教授が教える やばい日本史』シリーズ執筆者の滝乃みわこ氏に聞いた。
(取材・構成:小川晶子)

■日本の歴史は「外国すごい!」「日本すごい!」を繰り返している

 そもそも、日本史に苦手意識をもつ人は多い。そういう人には、まずは歴史のおおまかな流れをつかむことをおすすめする。

『東大教授がおしえる さらに!やばい日本史』は、日本史の流れを大きく「外国すごい!」と「日本すごい!」という二つの時代にわけて解説している。この二つの時代を繰り返しながら、日本は発展を続けてきたのだという。本書の構成も「中国センパイすごいっすの時代」⇒「日本も負けてないよ大和魂の時代」⇒「ヨーロッパさんすごいっすの時代」⇒「鎖国で引きこもってすごすよの時代」……という具合に、「外国すごい」と「日本すごい」を繰り返したものになっている。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)