佐々木朗希の偉業目前の降板は“英断”、「急がば回れ」育成計画はぶれず

佐々木朗希の偉業目前の降板は“英断”、「急がば回れ」育成計画はぶれず

完全試合を達成した佐々木朗希投手 Photo:JIJI

シーズン序盤のプロ野球で、ロッテの3年目右腕、20歳の佐々木朗希が世界を驚かせる快投を続けている。4月10日のオリックス戦で完全試合を史上最年少で達成した佐々木は、続く17日の日本ハム戦でも8回までパーフェクトピッチングを継続。球数が100を超え、疲労を懸念した井口資仁監督が将来を見据えて決断した交代には賛否両論が巻き起こった。高校時代から注目されてきた「令和の怪物」は野球界の「至宝」へ一気に昇華を遂げ、無双のオーラをも身にまといながら、次回登板予定となる24日のオリックス戦に臨む。(ノンフィクションライター 藤江直人)

■メジャーでも直近では10年前「完全試合」達成の難しさ

 平成のプロ野球で完全試合が達成されたのはたった一度だけ。1994(平成6)年5月18日の広島戦で歴史に名を刻んだ、当時30歳の槙原寛己(巨人)は試合後のお立ち台でも夢心地だった。

「ピッチャーはみんな憧れるもの。ピッチャーをやっていて本当に良かった」

 19世紀後半に幕を開けるメジャーの長い歴史でも23度にとどまる完全試合は、現時点で2012年8月15日のフェリックス・フェルナンデス(マリナーズ)を最後に達成されていない。

 完全試合の定義をなぞれば難易度の高さがわかる。相手チームの打者を一度も出塁させず、その上で勝利しなければいけない。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)