プーチンの「核使用の可能性」が、5月9日を前に高まっている理由

プーチンの「核使用の可能性」が、5月9日を前に高まっている理由

ロシアのプーチン大統領 Photo:Contributor/gettyimages

ロシアによるウクライナ侵攻が始まって、2カ月が過ぎた。プーチンは当初、電撃戦を成功させ、極短期間でこの戦争を終わらせることができると確信していた。そのため、ロシア国内では、ウクライナ侵攻を「戦争」と呼ぶことを禁じ、「特別軍事作戦」と呼ぶことが強制されたのだ。しかし、戦いは長期化し、プーチンの思惑とは違う結果になっている。これまで戦争に連勝することで人気を維持してきたプーチン。追い詰められた彼は、「核」使用を決断するのだろうか。(国際関係アナリスト 北野幸伯)

■戦いに勝ち続けることで人気を維持したプーチン

 筆者は、ロシア軍が昨年11月ウクライナ国境沿いに大軍を集結させた後、「ウクライナ侵攻の可能性」に言及してきた。

 理由は、プーチンが武力を使うことをちゅうちょしない指導者だからだ。そして、彼はこれまで、戦勝によって国内の人気を維持してきた。

 実例を挙げてみよう。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)