2分でわかる!「マカオってどんな地域?」

2分でわかる!「マカオってどんな地域?」

Photo: Adobe Stock

ニュースで見聞きした国、オリンピックやW杯に出場した国、ガイドブックで目にとまった国――名前だけは知っていても「どんな国なのか?」とイメージすることは意外と難しい。大人の教養として世界の国々を知ろうと思った時におすすめ1冊が、新刊『読むだけで世界地図が頭に入る本』(井田仁康・編著)だ。世界地図を約30の地域に分け、地図を眺めながら世界212の国と地域を俯瞰する。各地域の特徴や国どうしの関係をコンパクトに学べて、大人なら知っておきたい世界の重要問題をスッキリ理解することができる画期的な1冊だ。本書から特別に一部を抜粋して紹介する。

■マカオってどんな地域?

 中国南部のチュー川(珠江)河口の西南岸に位置し、広東省珠海市とつながるマカオ半島部分とタイパ島、コロアン島からなります。

 1557年にポルトガルがマカオの租借権を獲得して以来、実効支配が始まり、1887年に割譲されて植民地となりました。

 1980年代になり中国政府との間で返還交渉が進展し、1999年に中国に返還され、マカオは香港同様に「一国二制度」のもと特別行政区となりました。

■世界No1のカジノ売上高

 経済を支える観光業は、GDPの約80%を占めます(2019年)。なかでもカジノ産業は、植民地下の1847年に合法化されて以来長い歴史を誇り、政府の財政収入の約80%を占めます。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)