2分でわかる!「マカオってどんな地域?」



 とくに返還後は、アメリカのカジノ企業の誘致による業界の活性化、カジノ産業の制度整備と透明性・安全性の確保、統合型リゾート(IR)の建設、中国本土の富裕層の呼び込み等により飛躍的に発展し、2006年には売上高でラスベガスを抜いて世界一になりました。

 2018年に完成した香港とマカオ・珠海を結ぶ港珠澳大橋(こうじゅおうおおはし)は、それまでフェリーで1時間以上もかかっていた香港国際空港ーマカオ間の移動を30分程度に短縮し、観光客の入込を促進しています。

 一方、カジノ業界ではカンボジアやフィリピンなどが台頭しており、マカオといえども安泰ではありません。

(本稿は、『読むだけで世界地図が頭に入る本』から抜粋・編集したものです。)

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)