中国・上海市民が「異臭ハム」配給に憤り!食品偽装が横行する深刻な理由

中国・上海市民が「異臭ハム」配給に憤り!食品偽装が横行する深刻な理由

上海に暮らす知人に配給された食品(著者提供)

ロックダウンが続く上海で、「配給された食料品の品質がひどい」と市民が激怒している。上海市は在住者に対し配給を行っているが、一部の食品に「賞味期限切れの加工肉」や「質の劣化で食べられない豚肉」などが混ざり込んだというのだ。近年、食の安全性が高まっているといわれる上海でなぜこのような事態が起こっているのか。(ジャーナリスト 姫田小夏)

■4月半ばから顕在化した“怪しげな食料品の配給”

 上海は市の中心を流れる黄浦江を境に東西に分けられ、西側(浦西)は4月1日からロックダウンに突入した。浦西の閔行区に住む陳李工さん(仮名)宅には、2日に政府からさっそく配給の食料品が届いた。白菜、キャベツ、豚肉と豊富な詰め合わせだった。続く、3日に届けられた配給第2弾は、鶏肉や鴨肉の加工肉や野菜のセットだった。

 当初、市は「ロックダウンは5日間で終了する」と告知したものの感染拡大は収まらず、今なお、先の見えぬ延長戦が続いている。

 9日にはコメが届き、11日は鶏と鴨の加工肉、ジャガイモやキュウリなど数々の野菜が届いた。さらに16日にはトイレットペーパーや食用油、牛肉の加工肉などが届いた。中国の人々は味付けされた加工肉が好物で、陳さんも「市政府に感謝だ」と喜んでいた。

 しかし、同じ閔行区の別エリアでは、複数の住民が食品の異常を察知していた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)