【専業投資家かぶ1000が教える】 投資金額に迷ったら頼りになる「感覚」とは?

【専業投資家かぶ1000が教える】 投資金額に迷ったら頼りになる「感覚」とは?

【専業投資家かぶ1000が教える】 投資金額に迷ったら頼りになる「感覚」とは?の画像

『賢明なる個人投資家への道』の著者・かぶ1000は、株式投資歴30年以上の専業投資家。中2のころから体育のジャージ姿で地元の証券会社に通い詰め、中高年の投資家にかわいがられ、バブル紳士にはお金儲けのイロハを教えてもらった。中3で300万円、高1で1000万円、高2で1500万円へと株式資産を増やし、会計系の専門学校卒業後、証券会社の就職の誘いを断って専業投資家の道へ。2011年に“億り人”になると、2015年に3億円、2019年に4億円を突破! アルバイト経験さえない根っからの専業投資家が、お金の知識と増やし方を徹底指南する!

■できるだけ多くのお金を証券口座に移す

「株式投資は余裕資金で始めるべきだ」とよくいわれます。余裕資金とは、ここでは仮に失っても問題がないお金とします。

でも、そう考えると、証券口座に入金する金額が限られる恐れがあります。銀行預金が合計500万円あるとしても、それを全部失ってもいいとは、普通は考えないでしょう。

通常の金銭感覚なら、預金500万円であれば、「100万円くらいは失っても納得できるかな」といった感じではないでしょうか。

「余裕資金=失ってもいいお金」と考えると、このケースで株式投資に回せるのは、手元にある現金の20%にとどまります。証券口座に入金できるお金は、多ければ多いほど有利ですが、証券口座に失ってもいい余裕資金しか入れないと決めてしまうと、元手が限られるので、株式投資の効率が下がってしまいます。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)