広告、建前、裏取引いっさいなし!進学先選びに親子で読もう、真の大学案内「在野の精神も今は昔?!早稲田大学」編

広告、建前、裏取引いっさいなし!進学先選びに親子で読もう、真の大学案内「在野の精神も今は昔?!早稲田大学」編

親が学生だったころとは色々と変化が…(Photo: Adobe Stock)

現役学生やOB/OGらのナマの声を取材し、20年超にわたって毎年刷新しているロングセラー書籍の最新版『大学図鑑!2023』。本連載では、82校を500ページ超にわたって詳細に解説しているが、その一部をご紹介していこう。学部ごとの詳しい情報や口コミミニ情報などは本書をご覧いただくとして、大学の雰囲気や文化が良く伝わる部分のみ抜粋した。

■懐の深さと自虐文化が我らの美学!多様性も受け入れる早稲田イズム

■歴史と基本的な立場■

1882(明治15)年に大隈重信が創設した東京専門学校が起源。日本を代表する政治家、財界人、文化人、芸能人たちを生んできた、なんだかんだ言っても日本一のメジャー私大。

■学生の気質■
格好つけず、飾らない性格。あえてバカなふるまいをすることに美学を感じている。個性豊かな学生が勢ぞろい。学園祭やサークル活動の活発さは日本一。

■世間の評判■
年配者は、アカ抜けない田舎者の集まりというイメージを抱く。若者からは、ダサい印象はなく、親しみやすいと思われている。早稲田の学生街文化に憧れる人は多い。

■早大生の生活と性格■
それでもワセダな空気はワセダにしかない
ワセダと言えば「在野精神」、早大生と言えば「バンカラ」とされてきた校風は、すでに遠い過去の話。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)