ビル・ゲイツが激賞した『コンテナ物語』の著者が最新作で語る「グローバリゼーションの語源と進展」

ビル・ゲイツが激賞した『コンテナ物語』の著者が最新作で語る「グローバリゼーションの語源と進展」

「グローバリゼーション」を実質的に後押ししたコンテナ船(イメージ画像。Photo: Adobe Stock)

ロングセラー書籍『コンテナ物語−−世界を変えたのは「箱」の発明だった』(日経BP社)の著者マルク・レヴィンソンの最新刊『物流の世界史−−グローバル化の主役は、どのように「モノ」から「情報」になったか?』より、その一部をご紹介する。

2006年8月16日午後5時30分、5隻のタグボートがエマ・マースク号をオーデンセ造船所から導き出し、後ろ向きに沖へと曳いていった。船は新しかろうが古かろうが、前進するものであって後ろに進むものではない。

エマ・マースクはすべてが異例だった。全長はサッカー場四つ分、キールから甲板までの深さは35メートル弱。ライトブルーの船体はあまりに巨大で、水深の浅いオーデンセ・フィヨルドを抜け出すのは容易でない。ガベットの隘路をなんとか抜けて、フィヨルドから水深のふかい外海へと進んでいくと、浜辺に集まった何千ものデンマーク人たちの目の前に見事な光景が広がった。進水したその日、貨物も燃料も積んでいないエマ号は水面から高く浮き上がり、喫水線より下の白い船腹を露出させ、波の下で音もなく回転するはずの巨大な銅合金のスクリュープロペラも水面に顔を出していた。誰もがニュースで知っていたとおり、それはかつて製造されたもののなかで最大のプロペラだった。

エマ号にはグローバル化への期待が託されていた。デンマークの由緒ある海運コングロマリット、A・P・モラー・マースクの子会社マースクラインが所有するこの船を前にすると、半世紀におよぶコンテナ船の歴史に登場したどんな船も小さく見える。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)