広告、建前、裏取引いっさいなし!進学先選びに親子で読もう、真の大学案内「有名人気女優の卒業生もいてバンカラ色は薄まった?!明治大学」編

広告、建前、裏取引いっさいなし!進学先選びに親子で読もう、真の大学案内「有名人気女優の卒業生もいてバンカラ色は薄まった?!明治大学」編

明大の象徴、リバティタワー。

現役学生やOB/OGらのナマの声を取材し、20年超にわたって毎年刷新しているロングセラー書籍の最新版『大学図鑑!2023』。本連載では、82校を500ページ超にわたって詳細に解説しているが、その一部をご紹介していこう。学部ごとの詳しい情報や口コミミニ情報などは本書をご覧いただくとして、大学の雰囲気や文化が良く伝わる部分のみ抜粋した。

■バンカラ色は薄くなったが元気のよさはまだまだ健在

■歴史と基本的な立場■
1881(明治14)年設立の明治法律学校が前身。建学の精神「権利自由、独立自治」に基づき、自由と自治の精神を養うとともに「世界へ─『個』を強め、世界をつなぎ、未来へ─」が基本理念として付加された。

■学生の気質■
元気でナンボの明大生気質の影は薄くなった。男子は男臭さはなくなり爽やか系に、女子はサバサバ系が多い。早慶へのコンプレックスを抱えつつも愛校心は強い。

■世間の評判■
六大学のひとつで、MARCHの筆頭でもあり、芸能界からスポーツ界まで卒業生を輩出するなど知名度は抜群。バンカラからカジュアルな雰囲気へとイメチェンにも成功し、人気上昇中。

■明大生の生活と性格■
以前よりはおとなしくなったがイベントなどは十分盛り上がる

近年、指定校推薦や地方から第一志望で入ってくる学生も増えたが、早稲田コンプレックスを抱えている学生は今も少なくない。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)