「上司の悪口ばかり言っている人」と「生産的な行動を取れる人」の決定的な違い

「上司の悪口ばかり言っている人」と「生産的な行動を取れる人」の決定的な違い

Photo: Adobe Stock

過去の成功例が通用せず、優れた手法はすぐに真似される「正解がない時代」。真面目で優秀な人ほど正攻法から抜け出せず、悩みを抱えてしまいます。リクルートに入社し、25歳で社長、30歳で東証マザーズ上場、35歳で東証一部へ。創業以来12期連続で増収増益を達成した気鋭の起業家、株式会社じげん代表取締役社長執行役員CEO・平尾丈氏は、「起業家の思考法を身につけることで、正解がない時代に誰もが圧倒的成果を出すことができる」と語ります。「自分らしく」「優秀で」「別の」やり方を組み合わせた「別解」を生み出すことで、他人の「優等生案」を抜き去り、突き抜けた結果を実現することができるのです。本連載では、平尾氏の初の著書となる『起業家の思考法 「別解力」で圧倒的成果を生む問題発見・解決・実践の技法』に掲載されている「現代のビジネスパーソンが身につけるべき、起業家の5つの力」から抜粋。「不確実性が高く、前例や正攻法に頼れない時代」に自分の頭で考えて成果を生む方法を紹介します。

■ネガティブなことを言っても意味がない

そもそも、失敗は起こると思っているので、私は失敗しても落ち込みません。くよくよするより、むしろ悔しくなります。それが、挽回しようという思考と行動につながるので、失敗というマイナスは肥やしにしたほうがいいという感覚が芽生えます。

失敗を誰かのせいにしても意味がありません。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)