【子ども4人全員を東大理三に入れた母親が教える】 小学校入学前に「九九」をマスターさせる たった1つの方法

【子ども4人全員を東大理三に入れた母親が教える】 小学校入学前に「九九」をマスターさせる たった1つの方法

【子ども4人全員を東大理三に入れた母親が教える】 小学校入学前に「九九」をマスターさせる たった1つの方法の画像

3男1女全員を東大理三(医学部)に合格させた『東大に入るお金と時間の使い方』の著者・佐藤亮子ママ。0歳から18歳の大学入学まで、「お金」も「時間」も惜しまなかった。子どもの将来を決めるのは、親の「お金」と「時間」の使い方と断言する佐藤ママが、「東大とお金」について、その秘密を公開!

■小学校入学前に童謡のノリで九九を覚えさせる

小学校入学前に「九九」を習得させておいたほうがいいといいましたが、九九は歌いながら覚えるのがいちばん楽しくてラクです。

わが家の長男と次男が3〜4歳のころは、まだカセットテープの時代でしたが、ある日、公文式の教室の帰りに、車のなかで九九の歌を40分くらい聞きながら帰りました。

2人はメロディーに合わせて、ノリノリで大合唱。マーチ、バラードといろいろなメロディーが楽しかったのか、なんと家に着くまでに九九を全部覚えてしまったのです。

これには私も驚きましたが、「九九は苦労して覚えるものではない。歌いながら覚えてしまえばいいんだ」と気づかされました。

小学校で勉強するのは決まっているのですから、九九は幼いときに理屈抜きで、歌ったり踊ったりして楽しみながら覚えるのがいちばんです。

いまならYouTubeで動画がたくさん観られますから、スマホで再生しながら歌い踊りながら覚えさせるといいでしょう。

小学校で九九を覚えるのに苦労したという話をよく耳にしますが、就学前に歌だけでも覚えておくと、学校で九九を習うときに苦労しません。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)