「書店の消滅」と「女性の労働問題」が根本でつながっている理由

「書店の消滅」と「女性の労働問題」が根本でつながっている理由

“書店という業態は世の中に街に必要とされなくなっているのだろうか? 皆様に愛される書店を目指した文教堂赤坂店。志半ばで去らなくてはいけなくなりました。またこの地に戻ってくる。この気持ちを新たに日々精進いたします。”

東京のど真ん中、オフィス街の赤坂駅周辺から書店が消滅しようとしている。「金」ではなく「人」を中心に経済を考える入門書『お金のむこうに人がいる』の著者であり、金融教育家である田内学氏は、書店が次々に閉店していくのは社会全体の問題であり、根っこでは「女性の労働問題」にもつながっていると言う。どういうことなのか。(構成:編集部/今野良介)

“書店という業態は世の中に街に必要とされなくなっているのだろうか?”

いつもの書店に入ろうとしたら、張り紙に気づいた。

そこには、6月に閉店することを余儀なくされた書店員の無念さが込められていた。

中に入ると、テニスコート2面ほどの店内には、サラリーマンや学生たち、親と一緒に絵本を選んでいる小さなこどもたちもいた。昔から地元の人たちに愛されているはずの書店だ。

■書店消滅の裏にある2つの問題

ここは、赤坂駅徒歩0分にある文教堂赤坂店。

目の前にはTBSがあり、多くのオフィスビルも立ち並ぶ。国会議事堂からも徒歩圏内で、まさに東京のど真ん中という立地だ。

都会の書店がただ閉店するという話だけにとどまらない。このお店の閉店によって、赤坂駅周辺から書店が消えてしまう。

コロナ禍にみまわれた2年ほどの間に赤坂駅周辺の書店が相次いで閉店しており、ここが最後に残っていた書店だったのだ。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)