【専業投資家かぶ1000が教える】 絶好の投資チャンスとは?

【専業投資家かぶ1000が教える】 絶好の投資チャンスとは?

【専業投資家かぶ1000が教える】 絶好の投資チャンスとは?の画像

『賢明なる個人投資家への道』の著者・かぶ1000は、株式投資歴30年以上の専業投資家。中2のころから体育のジャージ姿で地元の証券会社に通い詰め、中高年の投資家にかわいがられ、バブル紳士にはお金儲けのイロハを教えてもらった。中3で300万円、高1で1000万円、高2で1500万円へと株式資産を増やし、会計系の専門学校卒業後、証券会社の就職の誘いを断って専業投資家の道へ。2011年に“億り人”になると、2015年に3億円、2019年に4億円を突破! アルバイト経験さえない根っからの専業投資家が、お金の知識と増やし方を徹底指南する!

■セクター別にどう投資先を検討するか?

コロナ禍の業績では、同じセクター内でも明暗を分けました。典型例が、外食産業です。

蔓延防止のために外出自粛が求められ、時短営業や休業を要請されるようになり、外食産業は大打撃を被りました。それでも、テイクアウト需要をうまくとり込んだ日本マクドナルドホールディングス(2702)や、ケンタッキーフライドチキンの日本KFCホールディングス(9873)は、最高益を叩き出す好調ぶりです。

これと対照的に大きく落ち込んだのが、ワタミ(7522)などの居酒屋や、すかいらーくホールディングス(3197)などのファミレスで、大幅な赤字決算となりました。

このように同じセクター内で業績にはっきりとした差が出ている場合、それを契機に業界内での淘汰が一気に進む可能性があります。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)