【最新脳科学×心理学】 マインドフルネスが 子どもの「心」も「頭」も「自己肯定感」も 良くする科学的な理由

【最新脳科学×心理学】 マインドフルネスが 子どもの「心」も「頭」も「自己肯定感」も 良くする科学的な理由

Photo: Adobe Stock

スタンフォード大学・オンラインハイスクールはオンラインにもかかわらず、全米トップ10の常連で、2020年は全米の大学進学校1位となった。
世界最高峰の中1から高3の天才児、計900人(30ヵ国)がリアルタイムのオンラインセミナーで学んでいる。
そのトップがオンライン教育の世界的リーダーでもある星友啓校長だ。
全米トップ校の白熱授業を再現。予測不可能な時代に、シリコンバレーの中心でエリートたちが密かに学ぶ最高の生存戦略を初公開した、星校長の処女作『スタンフォード式生き抜く力』が話題となり、ロングセラーとなっている。
ベストセラー作家で“日本一のマーケッター(マーケティングの世界的権威・ECHO賞国際審査員)”と評された神田昌典氏も、
「現代版『武士道』というべき本。新しい時代に必要な教育が日本人によって示されたと記憶される本になる」
と語った本の要点と本に掲載できなかった最新情報をコンパクトに解説する本連載。
今回は、スタンフォードにいる著者が最新科学に基づく「マインドフルネスと子どもの自己肯定感」についてお届けする。

■マインドフルネスとポジティブ心理学

 仕事でうまくいかなかった、学校で良い成績が出なかった時、自己肯定感が下がりがちです。

 周りの目が気になりだし、今まで気にしていなかった自分の欠点ばかり見るようになるでしょう。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)