【専業投資家かぶ1000が教える】 「入金投資法」で資産を増やす3つのポイント

【専業投資家かぶ1000が教える】 「入金投資法」で資産を増やす3つのポイント

【専業投資家かぶ1000が教える】 「入金投資法」で資産を増やす3つのポイントの画像

『賢明なる個人投資家への道』の著者・かぶ1000は、株式投資歴30年以上の専業投資家。中2のころから体育のジャージ姿で地元の証券会社に通い詰め、中高年の投資家にかわいがられ、バブル紳士にはお金儲けのイロハを教えてもらった。中3で300万円、高1で1000万円、高2で1500万円へと株式資産を増やし、会計系の専門学校卒業後、証券会社の就職の誘いを断って専業投資家の道へ。2011年に“億り人”になると、2015年に3億円、2019年に4億円を突破! アルバイト経験さえない根っからの専業投資家が、お金の知識と増やし方を徹底指南する!

■「入金投資法」はインデックス投資向き

私は元手600万円でバリュー(割安)株投資を始めて以来、暴落など株価が急落したときを除いて、証券口座に追加入金はしていません。

専業投資家ということもあり、株以外からの収入がほとんどないということもありますが、最近は配当金も再投資せずに引き出すこともあります。

ただ、毎月給料が入ってくる会社員の兼業投資家なら、毎月一定額を証券口座に入金することも可能でしょう。そこで、入金投資法をするうえで、3つのアドバイスをします。

第一に、入金投資法は、インデックス投資向きだということ。個別株投資だと、入金のタイミングで買いたい(買える)銘柄があるとは限らないからです。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)