ビル・ゲイツが激賞した『コンテナ物語』著者が語る「グローバル化が第一次・第二次大戦とスペイン風邪に受けた打撃」

ビル・ゲイツが激賞した『コンテナ物語』著者が語る「グローバル化が第一次・第二次大戦とスペイン風邪に受けた打撃」

世界中でスペイン風邪が流行(Photo: Adobe Stock)

ロングセラー書籍『コンテナ物語−−世界を変えたのは「箱」の発明だった』(日経BP社)の著者マルク・レヴィンソンの最新刊『物流の世界史−−グローバル化の主役は、どのように「モノ」から「情報」になったか?』より、その一部をご紹介する。

■第一次大戦による打撃

1918年11月、休戦によって戦争は終結した。そして休戦条約の調印と同じ頃、世界中でスペイン風邪が流行して1億人ともいわれる死者が出た。さらにヨーロッパ各地で旧秩序の打倒を目指す革命の嵐が巻き起こり、大陸の国々は重い債務を負い、これから何年にもわたる復興の歳月へと向かおうとしていた。戦勝国が真っ先に目指したのは、新たな植民地の獲得、金準備の再構築、そしてドイツ、オーストリア=ハンガリー、オスマンの各帝国崩壊後の廃墟から領土を奪いとることだった。貿易・投資の回復は、優先順位のはるか後ろに回された。歴史学者のマイケル・B・ミラーによれば、第一次大戦はヨーロッパを弱体化させ、代わって日本と米国を世界経済の担い手とすることでグローバル化を促進したという。しかしその効果が現れるのは、ずっと先のことだった。

ある意味では、むしろグローバル化を抑制することが戦後外交の目標だった。パリ近郊ヴェルサイユでの和平交渉は帝国、少なくとも一部の帝国の終わりの始まりと見られていた。米国のウッドロウ・ウィルソン大統領が一番に目指したのは「民族自決」、つまり同一言語・同一民族を国家主権の基礎に据えるべきだというあやふやな概念の実現にあった。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)