ダイハツ新型「アトレー」、仕事に遊びに使い尽くせるマルチBOX【試乗記】

ダイハツ新型「アトレー」、仕事に遊びに使い尽くせるマルチBOX【試乗記】

ダイハツ・アトレーRS アトレーは写真のライトバンとデッキバン(ダブルキャブトラック)の2シリーズ エンジンは全車ターボ(64ps)を搭載 ボディカラーは写真のレーザーブルークリスタルシャインなど全6色 価格:CVT 182万6000円 Photo by Hiroya Yamagami

アトレーはラゲッジスペースを“もうひとつの部屋”として使えるボクシーバン。楽しみ方はユーザーしだい。エンジンはターボ、骨太な作りはプロユースを思わせる。

■使い尽くせるマルチBOX車中泊やワーケーションにも

 アトレーは、日本の物流を担う“はたらくクルマ”、ハイゼット・カーゴの上級バージョン。新型は「使い尽くせるマルチBOX」をコンセプトに開発され、広いキャビンスペースの徹底活用を追求した。車中泊やワーケーションにも対応する、いわばデイリーユースのミニキャンパーという存在である。車両仕様は従来の5ナンバーワゴンから、最大積載量350kgの4ナンバーライトバンに変更された。

 試乗車はRSの4WD仕様。ガンガン積めて、たくましく走る実力グレードだ。エンジンは64ps/91Nmのターボ。トランスミッションはCVT。4WDシステムは電子制御式で、オートと4WDロックモードが選べる。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)